おかげさまで アマゾン第1位 になりました!!!!

書評で 絶賛していただき 多くの方々のおかげさまで まさかの 第一位獲得です

感謝感謝感謝です!

人生1回キリ 人は一人では生きていけない

そんな中で 見出した アライアンスという生き方

ぜひ 講演会目白押しなので 実際にアライアンスできればと考えております!!

本当にありがとうございました
私も非常に参考にさせていただいているビジネス書評で有名な鹿田さんの書評

絶賛していただけました

鹿田さんとは全く面識はないのですが本を書くと本当に憧れの人ともアライアンス

できる可能性が出てくるのだなぁと感激しています

いつかお会いしたい方です

以下鹿田さんのブログURLと記事の内容です

非常によくまとめていただき勉強になります

本当に感謝感謝感謝です!


ビジネス書 鹿田尚樹さんのサイトより
http://www.yomugakachi.com/article/99319820.html#more

どうも鹿田です。

本日の一冊は平野敦士カール氏の新刊のご紹介。

『1の力を10倍にする アライアンス仕事術』

本書は「1人では不可能なこと」を「他人を巻き込んで実現する」仕事術を『アライアンス』という新しい言葉を使って見事に言語化した。

昨年は本田直之氏の『レバレッジ』が注目されたが、今年は『アライアンス』の年になる!私はそう思う。

とにかく本書は必読!

「抜きん出る人」ではなく「助けてもらえる人」になる。
いや、「助けてもらえる人」だからこそ「抜きん出る人」になってしまうのである。

ということで、いってみましょう!

『1の力を10倍にする アライアンス仕事術』

レッツラ!ゴー!

◆『レバレッジ』『グーグル化』以来の『アライアンス

去年は本田直之氏の『レバレッジシリーズ』がビジネス書界に旋風を起こし、また勝間和代氏の『効率が10倍アップする新・知的生産術 ― 自分をグーグル化する方法 ―』が爆発的にヒット。

ただ今年は「仕事術」系に、まだあまりピンとくるものがなかったので今か今かと思っていたら・・・

本書が『アライアンス』という新しい言語化を使って「他人を巻き込んで実現する」という以前からあった概念を素晴らしく編集し出版された。

本書の核は、

・「1人では不可能なこと」を「他人を巻き込んで実現すること」

・「人に助けてもらえる人になる」こと

この2点である。
◆1人でやろうとして「できないからあきらめよう」と挫折

多くの個人が自分のサービスアイデアを元に起業しようとしてしっぱいする 原因がコレ。

1人でやろうとして「できないからあきらめよう」と挫折してしまうか。

あるいは、1人の弱い力で実現できないなら、大勢の力を借りてやりきってしまうか。

その差である。
多くの方が「自分の利益」に固執して「アイデア」を囲い込み、発展できずに終わってしまう。

本書の『アライアンス』的発想で考えれば、

自分の目的を提示し、同じ方向性を向いている人を、かかわり方はどうあれ、巻き込んでいく。

そうして自然発生的に、「実現を助けてくれる人」をあつめていくのが「アライアンス」という発想なのです。
・「1人では不可能なこと」を「他人を巻き込んで実現すること」

アライアンス』的に言えば、これが正解なのだ。
◆『アライアンス』的発想の『アマゾンキャンペーン

先日「アマゾンキャンペーン」の情報を集めた『アマゾンキャンペーン』というサイトが始まりました! という記事を書きました。

実はよく考えてみれば、これも「アライアンス」の結晶なのです。

鹿田は「アマゾンキャンペーン」の情報が知りたい!

この一言をきっかけに、

「じゃあ、システムを作ろう!」

情報を集めよう!」

「みんなでスタートしよう!」

ということで、「アマゾンキャンペーンを知りたい!」という目的を共有しながら「システムができる人」「アイデアをまとめられる人」「情報を提供できる人」が自然発生的に集まり「アライアンス」が動き始めたのです。

アライアンス」というのは「個人のアイデア」「活動」に「フルレバレッジ」を掛けられる思考のフレームワークなのです。
**********
ということで、6月4日の誕生日を記念して(笑)、ご紹介したのは本書。

『1の力を10倍にする アライアンス仕事術』です。

レバレッジ~~』や『グーグル化』、今年で言えば『新・目標達成法』(小宮一慶・著)に勝るとも劣らない一冊。

ただ前記の書籍講談社ダイヤモンド社大和書房)に比べてゴマブックス社という出版社バリューが少ない分、書店で目に付きづらいかもしれません。

しかし、見つけたら「即購入!」すべし!

ちなみに鹿田も昨日、武蔵小杉駅構内の書店で購入しましたが、出たばかりの新刊なのに・・・

「棚に一冊」(汗)
「新刊コーナー」とかあるので、そこに「平積み」しておいといてください(願)
諦めかけて帰る間際に「あっ、あた」と発見。思わず声、でました。

本書の「装丁」も大変に鹿田好みで長く本棚における一冊になりそう。

今年のキーワードは『アライアンス』です!

是非、読んでみてください!

必読推薦です!

<著者ブログ

◎1の力を10倍にする☆アライアンス仕事術☆

http://ameblo.jp/mobilewallet/